マリンエア

神戸市沖の海上空港

2006年2月16日開港の神戸空港の愛称がマリンエアです。

マリンエアとは

マリンエアとは、神戸市沖にある海上空港、神戸空港の愛称です。 地方自治体(神戸市)の管理する第三種空港です。 空港コードはUKBです。(KOB、KBE は既に使われています。) 空港島の面積は約272haで、滑走路は長さ2500mが一本あります。

海上空港ですが、24時間空港ではありません。 発着は午前7時〜午後10時までとなっています。

マリンエアは、2006年2月16日(木)に開港する予定です。 年間400万人の利用を見込んでいます。

マリンエアへのアクセス

マリンエアは、神戸の中心地三ノ宮から約8km南に位置します。 三ノ宮から 新交通ポートライナー に乗車すると約18分で神戸空港に到着します。 中部国際空港 と同じく、駅とターミナルが直結しているので便利です。

空港島には、搭乗者が利用できる駐車場750台を設置しています。 開港から2年間は24時間まで無料で利用できます。(24時間を越えたら1日1000円。)

就航路線

就航が決定しているのは、 羽田便の他、新千歳便、仙台便、新潟便、熊本便、鹿児島便、那覇便です。 開港前の現時点では、便数や出発時刻は決定していません。

新幹線と競争する神戸羽田便がおそらく中心となるでしょう。 神戸羽田便は、スカイマーク、ANA、JALの三社が就航を表明しています。

将来的には分かりませんが、現時点では国際便の離発着は予定されていません。

Copyright (C) 2005-2013. 神戸空港マリンエア All rights reserved.




携帯からフライト情報をチェック↓