神戸空港の問題

飛行経路、環境、財政面での問題

神戸空港は2006年2月開港予定ですが、順風満帆ではありません。 建設反対の住民運動が起きる等、問題もあります。

飛行経路

神戸空港周辺は伊丹空港、関西国際空港を発着する飛行機が多く飛行しているので、 非常に混雑しています。 また、発着する飛行機は明石海峡方面を経由する必要があり、 羽田便は遠回りになってしまいます。 詳細を読む

環境問題

埋め立てをしたため、海水の汚濁や海流の流れの変化が心配されます。 明石海峡周辺の航空機騒音も問題になる可能性があります。 詳細を読む

財政

神戸空港建設には3000億円の費用がかかっており、 多くは神戸市発行の市債でまかなわれています。 空港経営が赤字になった場合、神戸市の財政で補填する必要があるでしょう。 詳細を読む

Copyright (C) 2005-2013. 神戸空港マリンエア All rights reserved.