神戸空港の飛行経路

三空港が密集する危険空域

神戸空港近辺は、伊丹空港、関西国際空港があるので、 多数の飛行機が飛行し、非常に混雑しています。

飛行機と空域

空港では多数の飛行機が発着します。 飛行機同士は管制塔の指示で、互いにある程度の距離を保つようにして、 衝突したり、気流の影響を与えたりしないようにしています。

空はすごく広く見えますが、多数の飛行機が飛んでいる場合には、 実はかなり込み合っています。

神戸空港の空域

神戸空港は、北側は市街地のため、 北側へ発進したり北側から進入したりすることは(緊急事態は別ですが)できません。

それだけでなく、近くに伊丹空港や関西国際空港があります。 伊丹や関空の飛行機の経路と重なるため、 東側への発進や東側からの進入は制限されています。

明石経由での飛行

飛行経路が制限されているため、 神戸空港へは必然的に西側(明石方面)からアプローチすることになります。 一番需要が高いとされている神戸羽田便は、いったん明石へ向かうため、 上空で遠回りしなければならなくなります。

Copyright (C) 2005-2013. 神戸空港マリンエア All rights reserved.